鷹のサーフィンライフ

Taka's Surfing Life

SUPサーフィン、ロングボードバージョンもあります

こんにちは。
三刀流プロサーファーの井上鷹です。

先日は、APPワールドツアーが開催しているビデオコンテストの紹介をしました。

応募動画への「いいね!」、締め切りは8月31日です。
時差の関係もあるので、早めにお願い致します!

おかげさまで、現在のところ、僕も妹達もプロジャッジの審査に進める5位以内に浮上!


皆さん「いいね!」を有難うございます!

多くの方々の「サーフィンを盛り上げよう」「頑張る日本人サーファーを応援しよう」という熱い思いを大事に、サーフィン活動を頑張って行こうと思いますので、よろしくお願い致します。

さて、SUPサーフィンといえば「大きい板でクルージングのイメージですが、ショートボードに似たアグレッシブな乗り方もされている」と説明してきましたが、「ショートボードというくらいなら、ロングボードはないの?」と思った方はおられませんか?

ハイ、ご推察通り、ロングボードもあります。

今回のAPPのビデオコンテストにもロングボード部門があります。

せっかくの機会なので、今日はSUPサーフィンのロングバージョンのことをご紹介したいと思います。

鷹ハングテン
鷹ハングテン

APPビデオコンテスト、ロングボード部門

APPのビデオコンテストのタグ #apprideoftheseasonに加え、ロングボード部門への応募動画は#LSRというタグがついています。

僕達も、このロングボード部門にも応募しています。
動画の部分をクリックして飛んだ先で、「いいね!」をよろしくお願い致します!

鷹APPロング応募動画
鷹APPロング応募動画

楓APPロング応募動画
楓APPロング応募動画

桜APPロング応募動画
桜APPロング応募動画

使用している板は、僕達の場合はSUPのロングボードではなく、サーフィンのロングボードの試合の時に使っているものそのものです。
通常はSUP用の板を使用します。

SUPのロングボードとサーフィンのロングボードとの違い

ロングボードでのSUPとサーフィンの違いですが、ショートボードでの違いと同様、スピードが速いという点が大きく違います。

加えて立って漕ぐのでテイクオフも速いため、普通では乗れない波に乗れるので、例えばこんな風に、速い波のチューブにも乗れます。

(この板は、「ガン」という感じですが、板が長いためショートボードよりロングボードに近いです。)

Carlos Bahia

また、パドルによる支えがあってコケにくいということもあります。

ショートボードの場合もそれはありますが、板が大きい分取り回しが難しいロングボードの場合には、その恩恵が大きくなります。

こちらの動画はサーフィンのロングボードに似たライディングですが、パドルがあるおかげで、サーフィンのロングボードより鋭いトップターンをコケることなくメイクしています。

Benoit Carpentier

終わりに

サーフィンと言ってもいろいろな種類があります。
いろいろな種類に挑戦して、自分に合った種類を選べば、楽しさが増すと思います。

例えば、サーフィンのテイクオフで苦労されている方は、SUPをしてみてはいかがでしょうか。
最初から立っているため「立ち上がる」という手順が減るのと、自力でパドルしなくていい分体力が要らないのとで、テイクオフが出来やすくなります。
そうすると早く波に乗ることが出来るようになり、楽しさも増します。

楓ハングファイブ
楓ハングファイブ

また、海に落ちるのが怖い方にも、SUPはいいと思います。
コケにくいので安心して出来るからです。

SUPの楽しみを見出してSUPをそのままするのもいいと思いますし、SUPでそういうことに慣れてパドルのないサーフィンに移行するのもいいと思います。

いろいろな種類に挑戦することで、自分に合ったものも見つかると思います。
それで快適なサーフィンライフを送ることが出来れば、最高ですね!

桜ハングテン
桜ハングテン

それでは、また!

RSS
Instagram
YouTube
YouTube
Follow by Email