鷹のサーフィンライフ

Taka's Surfing Life

メイソン・ホー、日本に現る!?【井上鷹チャレンジシリーズ‼️】

こんにちは。
三刀流プロサーファーの井上鷹です。

本日は、「メイソン・ホー、日本に現る!?」

・・・ちょっと違う??

ハワイの本家メイソン・ホーでなく、日本のメイソン・ホー(=タカ)でした(笑)

岩のそば

メイソン・ホー

メイソン・ホーは、父がプロサーファーのマイケル・ホー、妹がCTサーファーのココ・ホー、叔父が元ワールドチャンピオンのデリック・ホーというサーフィン一家のひとりです。

サーフィンの技術が高いのはもちろんですが、「世界で最も楽しませてくれるサーファー」とよく説明されるくらいで、見て面白いサーフィン、驚くようなサーフィンをすることで有名です。

日本でもJOB(ジェイミー・オブライエン)とともに、いい意味で「頭がおかしいのではないか?」といいうサーフィンをすることで有名でファンも多いですね。

きっかけはメイソン・ホーのサーフィン動画

僕も例に漏れず彼らのファンで、彼らの動画をよく見ます。

彼らは、岩がすぐ目の前に出ているところでよくサーフィンしていますね。

初めてそれを見た時、「へえ~あんなところでサーフィンするのか」と驚きました。

波はいいとしても、岩があって危ないからと言って、日本ではそういうところでサーフィンをする発想はない、というようなところでサーフィンしているのです。

その動画を見た時、僕の家の近くのリーフが思い浮かびました。

ここから入る

波は良さそうだが誰かがサーフィンをしているところを見たことがないというところです。

つまり、サーフポイントではないところです。

手前に岩がゴロゴロしていて危ないからだろうなと思い、僕も今まで入っていませんでしたが、

「気を付ければ大丈夫ではないかな?」

と、動画を見ていて思いました。

それで挑戦してみた、それが「日本のメイソン・ホー」あるいは「日本のJOB」の始まりです。

*注意!*

しかし、危険ではあるので、皆さんは決してマネしないで下さい。

サーフィンの技術がある上に、その場所を熟知していないと出来ないことですから。

レイバック

案ずるより産むが易し

見ている方はハラハラするかもしれませんが、サーフィンしている方は自分の実力も地形なども把握しているので、意外と危なくなく乗れます。

上から見たらいい波に見えたのに入ったらあまり良くなかった、とか、その逆とかと同じです。

こんなプルアウトをせねばならない時もありますが。

プルアウト

案ずるより産むが易し、というか。

レイバック
ハングファイブ

まとめ

是非僕のYouTubeチャンネルをご覧下さい!

では、また!

RSS
Instagram
YouTube
YouTube
Follow by Email