鷹のサーフィンライフ

Taka's Surfing Life

今の2倍のスピードが出せる効率的なパドリング法。ロングボード編 (YouTube 連動解説)

こんにちは。
三刀流プロサーファーの井上鷹です。

今日は、YouTubeチャンネルで見ることが出来るHOW TO動画に連動して、解説、補足説明をしたいと思います。

HOWTO「今の2倍のスピードが出せる効率的なパドリング法。ロングボード編」YouTube解説
さくらのレンタルサーバ ライト

パドルの重要性

パドルをしないと沖に出ることが出来ないし、沖に出ても波に乗れないので、パドルはサーフィンにおいて大変重要な項目です。

サーフィンは「波乗り」なのでつい忘れてしまいますが、パドルが出来なくてはサーフィンは出来ません。

それで、今回は「効率的なパドリング法」の動画を作りました。

重要点は2点

重要点は、2点あります。

1.パドルを上手に出来るか

2.疲れにくいか

2についてはあまり意識されていないようですが、実は意外とこれが重要です。

先に書いた通り、サーフィンするためにはまずパドルで沖に出なければなりませんし、波に乗るためにもパドルをしなければなりません。

つまり、パドルはサーフィンするために絶対に必要なものなのです。

波に乗っている時間よりはるかに長い時間パドルをしますよね?

年を取ってきたり、力のない女性だと、パドルで疲れて体力を消耗して、やっと波に乗ってもへとへとで何も出来なかった、ということも起こったりします。

それではもったいない!

それで、いかに疲れにくいパドルをして体力を温存するか、ということが大切になってくるのです。

ではどうするか?

腕立て伏せをして腕力を鍛えましょう!?

いえいえ。

パドルのために筋力トレーニングをするのも大変です。

それよりも、効率的にパドルをすることを覚えませんか?

筋力、体力が非常にあったとしても、疲れにくいに越したことはありませんから。

ではどうするかというと、まず「パドルを使い分ける」です。

パドルを使い分ける

常に全力で漕いでいたら、疲れるのも当然です。

まずは、「パドルを使い分ける」ことを覚えて下さい。

(1)ゲッティングアウト時のパドル

(2)テイクオフ時のパドル

で、パドルを使い分けます。

(1)ゲッティングアウト時のパドル

リラックスしてゆったりと

ゲッティングアウトの時は、全力でパドルをする必要はありません。

動画で説明しているように、正しいバランスでボードに乗り、リラックスして漕げていればOKです。

波は沖から浜の方へやってきます。

その方向に逆らってパドルしていくわけですから、力んで全力で漕いでも疲れるだけで、思っているほど進みません。

それに、そんなに急いで戻らなくても波はまた来て乗れますから、ここで体力を使う必要はありません。

それよりも、波に乗るためのパドルの時に力を注ぐ方がいいです。

やり方

①ボードの真ん中に座ります。そこから寝そべり、おへそより少し上がボードの真ん中に来る感じにします。

①から少し「後ろ」にずれます。ノーズが少し水面から上がった状態です。

③両足は、少し力を入れて揃えて伸ばします。

④体はストリンガーの上にまっすぐ置いて、左右のバランスも確認します。

⑤リラックスしてゆったりと大きく漕ぎます。

*重要* ここでこの基本姿勢を身につけましょう!

(2)テイクオフ時のパドル

全力で漕ぐ

ここは波に乗るためにスピードを付ける必要がありますから、テイクオフ時のパドルは思いっきり全力で漕ぎます。

ここで乗れなければまた長い波待ちです。

頑張って波を捕まえねばなりません。

力を入れて、しっかり漕ぎましょう。

ゲッティングアウト時のパドルで温存した体力を、ここで使います。

やり方

①ボードの真ん中に座ります。そこから寝そべり、おへそより少し上がボードの真ん中に来る感じにします。←基本姿勢!

②①から少し「前」にずれます。ゲッティングアウト時よりノーズが少し下がります。

③両足は、少し力を入れて揃えて伸ばします。

④体はストリンガーの上にまっすぐ置いて、左右のバランスも確認します。

足を曲げて上に上げます。←ここが重要!

*理由* 重心が前に移動することで加速し、波に置いて行かれることを防ぎます。

⑥少し肩甲骨を寄せるようにして、力強く漕ぎます。

まとめ

「2種類のパドルを使い分けて、疲れにくい効率的なパドルをする。」

漕いだ距離、時間に比例してパドルは上達します。

今回の動画でイメージを作って、頑張ってください!

では、また!

RSS
Instagram
YouTube
YouTube
Follow by Email