鷹のサーフィンライフ

Taka's Surfing Life

今の2倍のスピードが出せる効率的なパドリング法。ショートボード編(Youtube連動解説)

こんにちは。
三刀流プロサーファーの井上鷹です。

今日は、YouTubeチャンネルで見ることが出来るHOW TO動画に連動して、解説、補足説明をしたいと思います。

HOWTO「今の2倍のスピードが出せる効率的なパドリング法。ショートボード編」youtube解説
さくらのレンタルサーバ ライト

ショートボードでも、基本的なことは前回の「今の2倍のスピードが出せる効率的なパドリング法。ロングボード編」と共通です。

パドリングにおいて重要な「パドルの使い分け」についての説明をしていますので、ショートボードの方も、まだご覧になっていない方は是非ご覧下さい。

HOWTO「今の2倍のスピードが出せる効率的なパドリング法。ロングボード編」YouTube解説

文章による補足説明はこちら


201030今の2倍のスピードが出せる効率的なパドリング法。ロングボード編 (YouTube 連動解説)

パドルを使い分ける!

ロングボード同様、ショートボードでも「パドルの使いわけ」をします。

「ロングボード編」で解説した

(1)ゲッティングアウト時のパドル

(2)テイクオフ時のパドル

ですね!

ショートボードはロングボードよりも、波に乗るのが大変です。

それで、波に乗る時のパドルへの力の注ぎ方は、ロングボード以上になります。

ですから、パドルの使い分けをしてロングボード以上に体力を温存する必要があります。

(1)ゲッティングアウト時

リラックスしてゆったり漕ぐ。

(2)テイクオフ時

力を入れて、しっかり漕ぐ。

ゲッティングアウト時のパドルで温存した体力を、ここで使います。

これを押さえた上で、次にパドルの仕方を見てみましょう。

ショートボードのパドルのやり方

①ボードの真ん中に胸を持ってくるように寝そべります。

ノーズが水面から出るか出ないかくらいのバランスです。

*ヒント*1つの目安として、ボードに乗ってノーズに手を掛けた時に、手が少し曲がる状態になるようにします。

②手を入れるのは、ノーズの横辺りです。

肘から上が水に浸からないようにして漕ぎます。←ここが重要!

*理由* 肘から上が水に浸かるとバランスを崩してしまいます。

④両足は、少し力を入れて揃えて伸ばします。

(初心者は)顎はボードにつけません。←ここが重要!

*理由* ノーズが下がる上に体を持ち上げるのに板を下に押してしまうため、パーリングしやすくなります。パーリングしなかったとしてもテイクオフが遅れます。

意外と簡単ですね!

ノベルティはラクスル

まとめ

「2種類のパドルを使い分けて、疲れにくい効率的なパドルをする。」

ショートボードも、基本はロングボードと同じです。

漕いだ距離、時間に比例してパドルは上達します。

今回の動画でイメージを作って、頑張ってください!

では、また!

RSS
Instagram
YouTube
YouTube
Follow by Email