ハングテンホッパー4

こんにちは。
三刀流プロサーファーの井上鷹です。

本日はロングボード第2戦、男子R1、R2が行われました。

R2はR1よりさらに波が下がりセットで腹くらい。

波の様子も少し難しい状況で、乗った者勝ちのようなところのある状況でした。

R2

R1で使ったボードはメインで使うにはちょっと厳しいかなと思うところへ、R1の時よりさらに波のサイズが下がりセットで腹くらいとなったこともあり、シングルフィンボードに乗ることにしました。

同じピッコロクレメンテチームのライダーで、2019年のワールドツアー最終戦の時に3位となったルーカス・ガリッド・レッカモデルのシングルフィンボードです。

シングルフィンですが、エンドセクションはしっかり当てて、2本目、3本目で6点台を出すという、安定したライディングが出来ました。

ハングテンホッパー

知らないとうまくバランスが取れなくてヨタヨタしているように見えるかもしれませんが、そうではなく、これでれっきとした技です。

一口にハングテンと言っても、そのレベルはピンからキリまであり、このハングテンはハングテンの中でも最高と言えるほどの難しい技です。

CJネルソンやアレックス・ノスト、タイラー・ウオーレンらがしたりしている技です。

日本では見ることがなかったので、やってみました。

ハングテンホッパー1
ハングテンホッパー2
ハングテンホッパー3
ハングテンホッパー4

では、また!

Tags:

Comments are closed

Instagram
Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
関連リンク サイトマップ プライバシーポリシー