レイバック

こんにちは。三刀流プロサーファーの井上鷹です。

昨日は、僕のヒートが開始という時に、中断して明日に回すという決定が出ました。

それで僕のショート最終戦の最初の出番は、今日の朝一番となりました。

昨日よりまだ小さいのではないかという波のサイズで、様子見をするのかと思ったら、いきなり「予定通り7時から開始」と言われました。

しかしロングビーチ側のバンクは試合は難しいということで、当初予定の2バンクはやめて、堤防側の1バンクで行うことになりました。

それで、ヒート開始は7時15分となりました。

日が昇る

コンディション

極小波の上に波数はなく、その上バックウオッシュが入るという、大変厳しいコンディションです。

うまく波が入ってきてうまく乗れればいいですが、波が無さ過ぎてどこで波が割れるかもわかりにくく、乗れる波を探すのは難しい状況です。

選んだボード

小波用のボードは持っていないので、妹の小波用のボードを使うことにしました。

妹のボード
秋らしいデザインの妹のボード

乗るしかない

波数も少ないので、セットが入ってきたらもう乗るしかありません。

アンダープライオリティの時はなおさらです。

それで、乗れそうな波には乗りました。

レイバック
レイバック

見た甲斐があったと言われるように

小波で行われる試合はなかなかいい技が出ないので、「見ていて面白くない」と視聴者の方々には不評です。

僕の場合、多くの方からエアーをするのを期待されていますが、ある程度コンディションが整わないとエアーをするのは難しいです。

今日の波は小さい上にショルダーが張らず途中で消えてしまいますし、乗れる距離が短いため助走も出来ません。

こんな時はまずエアーは無理。

しかし、サーフィンの試合は最後までどうなるかわかりません。

だから、無理なコンディションであっても、最後までエアーの可能性は探ります。

途中、全然波が来なくなりました。

もうダメかも、と思いましたが、最後の方で続けて波が入ってきました。

よし、これだ!

それで最後、続けて2本飛びました。

案の定、海水面がなく砂浜に上陸しました。

海水面があってくれれば!

試合としてはコンプリートにはなりませんが、試合でなければコンプリートと呼べるエアーをこのコンディションでしたことで、「見た甲斐があった」と思ってもらえたと思います。

自分としても、試合は3位敗退となりましたが、今年の締めの試合の最後としては、なかなか良かったと思います。

応援有難うございました。

エアー1本目

エアー1本目
エアー1本目
エアー1本目
エアー1本目

エアー2本目

エアー2本目
エアー2本目
エアー2本目

まとめ

鷹は飛ぶ!

それでは、また!

Tags:

Comments are closed

Instagram
Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
関連リンク サイトマップ プライバシーポリシー