会場横のビーチで

こんにちは。三刀流プロサーファーの井上鷹です。

約2週間ぶりのサーフィン

日本にいる間、波が無くて練習できませんでした。

フィリピンは今が波がいい季節だと聞いたので、フィリピンに行けばいい波に乗れるだろう、しばしの我慢だ、と思っていたのですが、何と、到着した日の夕方は入れたものの、翌日から波が無い!

ついてない・・・

到着した日、海の中で、「今日来てラッキーだね、ここ数日波が無かったよ」と言われました。

フィリピンは今頃が波があってサーフィンには一番いい頃だと聞きましたが、日本もあまり波が無かったし、全世界的に波が無くなってきているのでしょうか?

鷹ハングテン
楓ハングテン
桜ハングテン
会場横のビーチで

波が無い時は

既にいい波でサーフィンして疲れていれば、ちょうどいい休憩だ、ということで休みの日となるわけですが、そうでない時はどうするかというと、動画を見てイメトレするのと、たまっている動画の編集です。

ここは暑いし日差しが強いので、サーフィンをするのでなければ、外には出たくないですし。

楓が近隣の様子を見がてら、散歩してきました。

いかにも東南アジア的な建物があったそうです。

それから、屋台が東南アジア的だったそうです。

観光地らしく、人がたくさん歩いていたとのことです。

日焼けに注意!

赤道直下ではないものの、日本よりずっと南にあるフィリピンですから、空港を出たら暑い!

当然ながら赤道直下のインドネシアよりはずっと過ごしやすいですが、日中は外には出たくないですね。

急に日焼けすると体に悪いので、最初は特に、帽子をかぶるのはもちろん、長袖長ズボンを着てなるべく日に当たらないようにするのが無難です。

薄着にしたいなら、一気にではなく少しずつしていきましょう。

サーフィンは日の出ている時間でないとできないので、日焼け止めは必須!

おすすめの日焼け止めは「Vertra」。

肌荒れしないし、においもきつくない、そして最近注目されていることですが、サンゴに害を与えません!

日焼け止めを塗る場所ですが、特にサーファーの場合忘れてはならないのは

・ヒザ裏

・ふくらはぎ

・首の後ろ

の3か所です・

顔に塗るのを忘れる人はいないと思いますが、この3か所も忘れてはいけません。

意外と日焼けするんですよ。

あと、現地のものはきついものが多く、肌荒れすることもあるので、日本から買って持っていくのが無難です。

途中の街、にぎやか

会場近辺の様子

大会の会場は「ラウニオン」という地域にあります。

フィリピンの首都であり国際空港のあるマニラから車で6時間くらい北に走ったところで、島の西側になります。

サーフィン、特にロングボードにいい波があるとのことで、高速道路が出来て便利になったこともあり、最近はマニラからもかなり多くのサーファーが訪れるそうです。

マニラは聞いていた通り、高層ビルが立ち並ぶ「都会」でした。

しかし、高速道路を下りて一般道に入ると、インドネシアに似た田園風景が続き、ヤギがたくさん放牧されている「田舎」。

その延長の会場近辺も、ビルなどもない「田舎」です。

海を見ながら走る
途中の風景
途中の景色

それでも、海水浴やサーフィンのメッカですから、この辺りでは「リゾート地」。

ホテル(と言っても、日本人が一般に想像すると思われるようなものではありませんが)、飲食店、サーフィンスクールやボードレンタルをする店などがたくさん並んでいて、人もたくさんいます。

ビーチの様子

ATMもあるところが観光地ですね。

浜には、観光客目当てに物を売る人が歩いています。

感じが出ていますね!

物売り
物売り
トゥクトゥクやかわいいバスが走る
小さくカラフル、レトロ風バス
夕焼け

では、また!

Tags:

Comments are closed

This message is only visible to admins.
Problem displaying Facebook posts.
Click to show error
Error: Server configuration issue
Instagram
Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031