鷹のサーフィンライフ

Taka's Surfing Life

アラシムラタとyoutubeコラボ

こんにちは。
三刀流プロサーファーの井上鷹です。


プロショートボーダー村田嵐くんのお父さんとバッタリ出会ったことから、嵐くんのyoutubeチャンネル「アラシムラタ」用の動画を撮影することになりました。

その名も
「アラシムラタSUPに初挑戦!先生は10代でロングのCT選手になったあの天才!」

アラシムラタSUPに初挑戦!先生は10代でロングのCT選手になったあの天才!

アラシムラタ、SUPに初挑戦!

「10代でロングのCT選手になったあの天才」(!)の僕が先生役となり、嵐くんがSUPサーフィンに初挑戦です。

波待ち
早く波が来ないかな?

最初「この棒が・・・」と困惑気味だった嵐くん。
しかしそこはさすがにショートボードのトッププロ。
「棒」にもすぐ慣れて、2時間しないうちにトップレベルのライディングに!
いや~お見事!
嵐くん、これから二刀流でどうだい!?(笑)

是非youtubeをご覧下さい。→こちらから

アラシムラタとyoutube撮影風景
アラシムラタとyoutube撮影風景

SUPサーフィンとショートボードの違い

SUPと言えば「のんびりクルージング」というイメージが強いですが、SUPサーフィンという競技ではショートボードのようにアグレッシブな乗り方をします。
ボードも、ボッタリ大きいイメージと思いますが、ショートボードとあまり変わらないものを使用します。
特に、体が小さく体重が軽い僕が使うボードは、見た方に「何これ?ショートじゃん!!」とよく言われます。

試合では、パドルを持ってそのショートボードのようなボードに乗り、ショートボードのような乗り方をします。

そんなこともあって、「ショートに棒を持って乗るだけのことだろう?」などとよく言われますが、そんなことはありません。
「棒」があるかないかの違いは結構大きいです。

点数は、棒=パドルをうまく使ったライディングをすると点数が高くなります。

SUPカービング
SUPカービング photo by yasushi_photos
SUPショービット
SUPショービット photo by yasushi_photos

技はショートボードと似ていますが、ショートボードよりボードのサイズが大きい上にパドルで漕ぐのでショートボードよりスピードが出るため、ショートボードよりスピード感、躍動感があります。

そのスピードに対応してパドルをうまく使って技をするのは難しいですが、それが面白さでもあります。

SUPバックサイドラウンドハウス
SUPバックサイドラウンドハウス
SUPカービングスラッシュ
SUPカービングスラッシュ

パフォーマンスが激しすぎて、パドルが折れてしまった~

パドルが折れた
パドルが折れた

SUPサーフィン世界トップ選手のライディング

昨年、ニューヨークで開催されたワールドロングボードツアーの寸前にSUPサーフィンのワールドツアーが開催されました。
その時SUPサーフィンの世界トップ選手達とセッションをした映像があるので、是非ご覧下さい。

井上鷹
Luiz Diniz
Wellington Reis
Daniel Hughes
Sean Poynter
Sean Poynter & Luchy Cosoleto
Matheus Salazar
Poenaiki Raioha


僕のライディングによる「井上鷹「SUP」のイメージを覆す!」もあります。

井上鷹「SUP」のイメージを覆す!

これを機会に、SUPサーフィンにも興味を持って頂けると嬉しいです。

まとめ

SUPは最初から立って漕ぐので、サーフィンのように立つ苦労がなく、比較的短期間で波に乗れるようになるところも魅力です。

波に乗るのはどうも、という場合でも、のんびり海の上をクルージングという楽しみ方や、SUPの上からフィッシングという楽しみ方もあるので、是非挑戦してみて下さい。

それでは、また!

今日のサーフィン終了
今日のサーフィン終了
RSS
Instagram
YouTube
YouTube
Follow by Email