ハングファイブソールアーチ

こんにちは。
三刀流プロサーファーの井上鷹です。

本日はJPSAロングボード開幕戦の最終日。

昨晩から続く強い風と雨の中、男子ロングボードR2からFLまで行われました。

昨日以上にロングボードには厳しいコンディションです。

写真の映りが大変悪いことからも、天候の悪さがわかると思います。

非常に厳しいコンディション

もしかしたら今日は試合はなくなるかも?という噂も出ていましたが、行われることになりました。

そして開始時間は予定の7時より20分早い6時40分になりました。

ゲッティングアウトしていなくても、時間が来たら開始とのこと。

女子も男子と同様のゲッティングアウト3分前。

大変厳しい状況で始まりました。

ゲッティングアウトは本当に大変で、皆四苦八苦していました。

僕は体が小さく、ドルフィンスルーが出来ないので、ゲッティングアウトに3~5分かかりました。

ロールイン

こういう時に大事なこと1.ゲッティングアウト

こういう状況でいい波を見つけて乗るのは大変ですが、それ以上に大変なのがゲッティングアウトです。

ドルフィンスルーが出来る人はいいですが、僕は体が小さくてロングボードではドルフィンスルーが出来ないので、ゲッティングアウトは非常に大変になります。

いい波に乗らないといい演技は出来ませんが、沖に出ないことには波に乗れないし、なるべくうまくゲッティングアウトして、時間と体力を浪費しないようにせねばなりません。

ですから、今日のこのようなコンディションでは、いかにうまく沖に出るかが大変重要になります。

それで、8.00点ライドの後は、皆と同様に右側の堤防脇から出ていくつもりで右側に走り出したのですが、急きょ左側に向きを変えて走りました。

ふと見たら左側の方は波が来ていなかったので、こちらから出る方が速いと判断したからです。

こちらもゲッティングアウトはやはり大変でしたが、波が来ない間に何とか沖に出ることが出来、浜を走る距離も短くて済んだので、右側に回るより沖に出るのは速かったです。

僕より先に右側に回った選手より上位のプライオリティを得ることが出来ました。

こういう時に大事なこと2.1本を大事にしっかり乗る

次に大事なことは、乗ったら最後までしっかり乗るということです。
ゲッティングアウトに3~5分かかるので、20分のヒート時間内に乗れる本数は頑張って4~5本程度だからです。

ゲッティングアウトに体力も消耗するので、乗る本数はなるべく少なくしたいところです。

3本目、8.00点ライディング

これはインサイドまでしっかり乗れるだろうと思って乗りました。

それでいろいろ技を入れられました。

ファーストノーズでハングファイブからハングテン、ドロップニーカットバック、カットバックに、最後はローラーコースターをしっかり決めて終了。

見て楽しめたのではないかと思います。

さすがに8.00点が出ました。

そして10点ライド!

点数が聞こえなかったし、まだヒートの半分くらいだったので、もう1本は乗ろうと思っていました。

残り5分を切って、乗りました。

サイズもかなりあり、乗り甲斐のある波。

タイトなハングファイブのソールアーチからオフザリップ、ドロップニーカービングに、最後にはエアー気味のロールイン。全てほぼノートリム。

このコンディションではこれ以上はないというライディングとなったと思います。

僕の点数は本来より2点は低いことで選手間では有名ですが、さすがにとうとう10点が出ました。

長い1日の、幸先の良いスタートとなりました。

ハングファイブソールアーチ
ボトムターン
ロールイン

さすがに疲れた~

サイズが大きく面がガタガタなので、波に乗ることも普段よりずっと体力を使うのですが、それよりもゲッティングアウトが大変で、スープに吹っ飛ばされて巻かれて、かなり苦しかったです。

まだ本調子になっていないので、酸欠で苦しく、上がって座り込んでしまいました。

後で少しでもコンディションが良くなることを祈って!

では、また!



Tags:

Comments are closed

Instagram
Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
関連リンク サイトマップ プライバシーポリシー